このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR

社会貢献 vol.64 リサイクル柔道畳を無償輸送
photo

日本郵船は公益社団法人全日本柔道連盟によるリサイクル柔道畳を供与する国際貢献事業に賛同し、アジアの6ヵ国に向け850枚を超える柔道畳の海上無償輸送を実施、当社グループである郵船ロジスティクス鰍フ手配のもと、昨年末に輸送が完了しました。バングラデシュでは、昨年の12月26日に引渡し式と柔道実演会が開催されました。今回輸送された柔道畳は、日本政府が行っている国際貢献事業「Sport for Tomorrow」のもと、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた練習環境を整備するために使用される予定です。当社はかねてから本業であるモノ運びを活かした社会貢献活動として、アジアの子供たちへ再生自転車、ランドセル、絵本の輸送協力を実施していますが、同連盟への無償輸送協力は今回が初めてです。

詳しくはこちら
環境活動 vol.61 アウトランダーPHEV」をウクライナ警察向け供給へ
photo

三菱商事と三菱自動車は、ウクライナにおける現地輸入販売会社である、エムエムシー・ウクライナ社を通じ、同国警察向けに「アウトランダーPHEV」635台を供給します(納車時期は2017年7月頃を予定)。
ウクライナは、CO2・温室効果ガスの排出量削減方針の一環として、環境対応車の導入を推進しており、現在使用している警察用車両の一部をアウトランダーPHEVに切り替えるものです。今回の入札では、MMC製 PHEV車の環境性能の高さがウクライナ政府から高く評価されました。
なお、「アウトランダーPHEV」は欧州において、2013年の販売開始以降、累計80,768台(2016年末)を販売し、2016年まで4年連続で、プラグインハイブリッド車販売台数ナンバーワンとなっています。また、ウクライナは、人口4,500万人を擁する東欧・CIS地域ではロシアに次ぐ大国であり、中長期的な成長が期待されています。


写真: 警察向けに供給予定のアウトランダーPHEV



ウクライナに於ける三菱自動車製アウトランダーPHEV大口商談(635台)受注の件

詳しくはこちら