このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

三菱マークについて

三菱マークに対する信用

三菱は創業140年余の歴史を持ち、その信用のシンボルとして中心的役割を果たしているのが三菱マークです。お客様がこの三菱マークを目印に安心して製品を買い求め、サービスを受けられるよう、私たちはこれからも出来る限りの努力をして参ります。

三菱マークの由来

創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱が現在のスリーダイヤ・マークの原型です。これは岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」に由来すると言われています。後に社名を三菱と定める機縁ともなりました。

三菱マークの管理

三菱マークの有する信用や価値を護り、維持していくために、三菱各社は終始一貫して一流の製品・サービスを提供するとともに、以下の通り三菱マークの商標権を確保して、その適切な使用管理に努め、万一第三者による三菱マークの不正使用がある場合には、これを防御・防止する等の対策を講じております。

(1) 三菱マークの登録確保及びその適切な使用の管理
三菱マークの商標登録及び使用については、現在三菱社名商標委員会新しいウィンドウが開きますの監督の下、その下部組織である三菱商標打合会が管理しています。
現在三菱の中核会社により、日本及び海外140カ国以上で約5000〜5500件の三菱マークの商標登録がなされており、約400の国内外の三菱を冠する会社の使用に供されています。
三菱マークは、自動車・電気品等の商品、金融・不動産管理等のサービスに使用されているだけでなく、上記の会社のロゴ等としても使われており、これらの使用が適切になされるように配慮しています。

(2) 第三者による三菱マーク濫用の防止
三菱マークを不正に使用したり、三菱各社が永年培ってきた三菱の信用や価値に便乗し、延いてはこれを損ねてしまうようなケースが、国内・海外、業種をとわず発生しています。これに対しては、三菱社名商標委員会のもと、三菱商標打合会において常時情報収集・検討を行い、場合により警告状を発したり訴訟を提起する等の措置をとることにより、三菱に対する社会の信頼を損なわないようにしています。