三菱の歴史

三菱の起源は1870(明治3)年。土佐藩出身の岩崎彌太郎が海運事業を興したことに始まります。
以降、四代の岩崎家の社長が三菱グループの基礎を築きました。
第二次世界大戦終結後の 1946(昭和21)年に三菱本社は解体され、各社はそれぞれに独立した企業となり、今日ある姿へと発展しました。
ここではグループが共有する歴史と歩みを紹介いたします。

根本理念「三綱領」

三菱の歴史の中で受け継がれてきた経営の根本理念、それが「三綱領」です。

詳しく見る

三菱マーク

三菱の信用のシンボルとして中心的役割を果たしている「三菱マーク」についてご紹介します。

詳しく見る

沿革

三菱の誕生から多角化、戦後の分社化を経て、現在の姿に至るまでをご紹介します。

詳しく見る

三菱人物伝

創業者岩崎彌太郎に始まる四代社長、そして三菱の礎を築いた人々の物語です。

詳しく見る

三菱に関するよくあるご質問をまとめました。

よくある質問