このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

三菱人物伝

朗読を聞く

志高く、思いは遠く・・・岩崎小彌太物語・・・ vol.03 ケンブリッジ留学時代 その1志高く、思いは遠く岩崎小彌太物語vol.03 ケンブリッジ留学時代 その1

静嘉堂所蔵

静嘉堂所蔵

岩崎小彌太は第二次大戦前の日本の経営者のなかでは、屈指の国際派だった。22歳から28歳まで英国に暮らし、ケンブリッジ大学に留学した。時は20世紀初頭の5年間。その頃のイギリスは、長い間君臨したビクトリア女王が1901年に亡くなり、新世紀の幕開けと共に、大英帝国の絶頂から没落、そして社会的変動が始まろうとする時代だった。

当時、日本から英国に子弟を留学させることができたのは、ごく一部の資産家に限られていた。彼らは、ただ箔をつけるために聴講生として大学に籍をおくだけの者と、本格的に勉強する学生とに分かれていた。小彌太は(現在の)東京大学法学部を中退し、ケンブリッジの入学試験に挑戦した。英語はもちろん、ラテン語や古典まで勉強し、本科学生として入ろうと、受験準備に2年を費やした。

彼はケンブリッジの町の玉突(ビリヤード)場の2階に下宿し、受験勉強をした。仲間の日本人学生たちが遊びに来ても、われ関せずと机に向かっていることが多く、その集中力には仲間も脱帽した。それでも彼らは時に小彌太を誘い出して遊び回った。当時、学費などもロンドンの日本公使館が厳しく管理していて、勝手に使えなかったので、彼らは飲みに行く小遣いをひねり出すのに知恵を絞っていた。小彌太はすでに酒豪であった。

青雲の志を抱いて集まっているこの若者たちには、英国社会の文物を始め、ヨーロッパの政治経済の動きは新鮮で刺激的だった。新しい社会主義思想、勃興期の労働運動、新興の学問としての経済学など、知的好奇心旺盛な小彌太は貪欲に吸収した。小彌太から見ると、日本の社会は英国よりもかなり遅れていた。

政治家を目指して

「日本ではいろいろ騒動があり、政略とか何かと騒いでいるのは、まことに嘆かわしい。いま仕事をしている連中の多くは根本から腐敗し手が付けられない。われわれは彼等を度外視し、彼等に感染されないように用心し、20世紀の後半になって、清浄な社会をもつ大日本帝国を建設することに努めていきたい。

このためには、教育が特に大事である。英国の学校教育は個性を尊重し、自由な雰囲気の中で行われている。日本の学生が教科書の詰め込み主義に毒され自主的精神を喪失している現状に比べると羨ましい。

小生帰国の上は、官庁の制約を受けない学校を起こし理想的教育に専念してみたい」

このなかの「20世紀の後半」とあるところを「21世紀」と入れ替えれば、これはそのまま今の日本の展望にピッタリ当てはまるような文章だが、これは小彌太が後に共に成蹊学園を創設することになる親友・中村春二に送った1901年の手紙である。

この頃、日本は日露戦争直前で国家財政は過大な軍備費に圧迫され、国民は貧しく、政治家は政争に明け暮れていた。青年小禰太は正義感からそれを批判し、帰国したら政治家になって日本の改革をしたいと真剣に考えていた。親しい友人にも、父親の岩崎彌之助にもそう言っていた。三菱本社の社長になって経営をするなどということは念頭になかったらしい。では、小彌太のケンブリッジ大学での生活はどのようなものだったのであろうか?(つづく)

文・宮川 隆泰

三菱広報委員会発行「マンスリーみつびし」1998年6月号掲載。本文中の名称等は掲載当時のもの。

三菱人物伝トップページへ戻る