このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

三菱人物伝

朗読を聞く

青あるいは朱、白あるいは玄。 vol.07 荘田平五郎 (上)青あるいは朱、白あるいは玄。vol.07 荘田平五郎 (上)

若き日の荘田と慶應義塾の三田演説館

若き日の荘田と慶應義塾の三田演説館

荘田(しょうだ)平五郎が豊後(ぶんご)の臼杵(うすき)藩(現在の大分県臼杵市)に生まれたのは弘化4年(1847)である。6年後にペリー来航、さらに5年後の安政5年には日米修好通商条約が締結された。

洋学奨励の布告が出て、諸藩は漢学一辺倒を改め子弟を長崎や大阪の洋学塾で勉強させるようになった。藩校で抜群の秀才だった荘田も慶応3年(1867)、 19歳のときに、選抜されて江戸の英学塾、青地信敬塾(あおちしんけいじゅく)に入門した。時は幕末も幕末。荘田は一時薩摩藩の開成所に転じ、明治維新なって明治3年(1870)、23歳で再び上京し念願の慶應義塾に入塾した。

福沢諭吉が蘭学塾を創始したのは安政5年、英学塾に転向したのが文久3年(1863)、慶應義塾と命名したのが慶応4年(1868)である。

福沢は荘田の卓抜した識見と才能を早々に見ぬき、4カ月後には荘田を義塾の教師待遇とした。荘田はやがて義塾分校設立のために大阪、京都に派遣され、そこで「学問と算盤(そろばん)の両刀使い」ぶりを十分に発揮し福沢の期待に応えた。それゆえに荘田に対し実業界入りを熱心に説く人もいた。

慶應の教壇から三菱へ

荘田は、明治7年、三田に戻り、再び慶應義塾で教鞭(きょうべん)を執ることになった。そのころは、たとえばCheckやInvoiceなどの単語に、誰でも分かる的確な訳語がまだなかった。義塾では紋付羽織に角帯をしめ諄々(じゅんじゅん)と説くように講義する荘田だったが、学生たちにいかにそれらの概念を理解させるか、しばしば教壇で考え込んでしまったという。大阪では実務にもセンスのあることを示した荘田だったが、要するに根が真面目だったのだ。

その荘田が明治8年2月、嘱望されて三菱に入ることになった。岩崎彌太郎の従弟で慶應の卒業生でもあった豊川良平がリクルートしたと言われているが、有能な人材を実業界に供給するのが慶應義塾の役目と心得ていた福沢諭吉が、岩崎彌太郎を卓抜した実業家として一目も二目も置いていたことが根底にある。荘田自身も、自分の才能を実業界で試したい気持ちが強かった。

三菱での荘田の最初の大仕事は「三菱汽船会社規則」の策定だった。明治8年5月発表された。三菱が政府の海運助成を受けるためにやむを得ず整えた会社規則だが、その冒頭の「立社体裁」で「当商会は…まったく一家の事業にして…ゆえに会社に関する一切のこと…すべて社長の特裁を仰ぐべし」「ゆえに会社の利益は全く社長の一身に帰し会社の損失また社長の一人に帰すべし」と、社長のワンマン体制であることを宣言した。当時、渋沢栄一が株式会社の概念を導入し「資本を幅広く集め多くの人材が知恵を絞りあってこそ事業の発展がある」と主張していたことを意識、「すべては社長が決める。リスクは社長一人が負う」との彌太郎哲学を会社規則の第一条と第二条に盛り込んだ荘田苦心の作である。

商業資本の三井や住友は番頭が取り仕切っていたので、渋沢の提唱する株式会社の概念を受け入れやすかったかもしれないが、三菱は岩崎家の当主が自ら強烈な個性でリードする会社である。社員は主君を立て義を尊ぶ武士の規範を色濃く残す。その集団のルールを「三菱汽船会社規則」として、ぴしっと纏(まと)めた荘田、理想と現実の整合に工夫をこらす福沢門下生の面目躍如(めんもくやくじょ)だった。

文・三菱史料館 成田 誠一

三菱広報委員会発行「マンスリーみつびし」2004年11月号掲載。本文中の名称等は掲載当時のもの。

三菱人物伝トップページへ戻る