三菱広報委員会

幕末〜明治初期 三菱の創業期と海運事業の発展

1870(明治3)年

九十九商会発足

三菱創業の地 大阪西長堀(明治初年)

1874(明治7)年

本店を東京に移転、三菱蒸汽船会社と称す

三菱汽船乗客荷物扱所
(『豪商神兵湊の魁』より)

1872(明治5)年

三川商会に改称

1873(明治6)年

三菱商会に改称

1875(明治8)年

郵便汽船三菱会社に改称

三菱社船 広島丸(米国で建造、明治8年購入)
木造外輪貨客船(1,869総トン)

明治中期〜末期 海から陸へ、多角化路線の道を拓く

1879(明治12)年

日本初の損害保険会社として
東京海上保険会社設立

1885(明治18)年

彌太郎の死去にともない
彌之助 第二代社長に就任

長崎造船所 飽ノ浦(あくのうら)
機械工場(明治18年)

1890(明治23)年

丸の内・神田の土地
約11万坪を買い取る

1905(明治38)年

神戸造船所開設

1880(明治13)年

三菱為換店設立

1886(明治19)年

三菱社と改称

高島炭坑(明治21年ごろ)

1894(明治27)年

三菱合資会社開業
丸の内に第一号館竣工、本社移転

神戸造船所(明治40年)
日本初の浮ドック(浮揚量7千トン)が見える。

大正〜終戦 新産業への進出と戦時体制から財閥解体

三菱A型乗用車
(大正7〜10年製作)
フィアット社製A型をモデルとした
三菱初の製作車

1921(大正10)年

三菱電機設立

海軍十年式艦上戦闘機
(大正10〜昭和3年製作)
日本初の艦上機、三菱初の製作機

1937(昭和12)年

株式会社三菱社に改組して
小彌太が社長に就任

海軍零式艦上戦闘機(昭和14〜20年製作)
日本の主力戦闘機、速力(560km/時)・運動性・ 上昇力・視界・攻撃力等の均衡良く、 かつ航続力が大きい。1機種の生産数として日本最多

被爆後の三菱重工業 長崎造船所
幸町工場

1946(昭和21)年

株式会社三菱本社解散

1916(大正5)年

小彌太が第四代社長に就任

第一号館(大正7年に東九号館と改称)
(昭和43年解体、平成21年に『三菱一号館』として復元)

旧丸ビル

三菱電機 扇風機の量産工場
大正10〜12年に約1万台生産

戦艦武蔵(昭和17年竣工)
69,100排水トン、長さ244m、
幅39.9m、吃水10.4m、主機タービン4基、
馬力150,000、速力27ノット

1943(昭和18)年

株式会社三菱社を
株式会社三菱本社と改称

1945(昭和20)年

終戦

ホテルとして接収された八重洲ビル
玄関上に「YAESU HOTEL」の
サインボードが見える。

戦後 敗戦からの復興、そして世界に向かって再出発

1954(昭和29)年

三菱商事大合同

三菱重工業長崎造船所 全景

1952(昭和27)年

サンフランシスコ平和条約発効

1964(昭和39)年

三重工合併(三菱重工業)
三菱広報委員会設立

三菱化学黒崎事業所

2009(平成21)年に復元された「三菱一号館」

ホーム バック