三菱広報委員会

三菱最前線

TOPIC 1

三菱倉庫

インドネシア三菱倉庫の新倉庫が開業

既存のタンゲラン倉庫はジャカルタ中心部から西へ約30q。新倉庫は東へ約24q。都市部への物流が短縮できる。倉庫に加え配送業務も行う

上/インドネシア三菱倉庫の新倉庫の外観
下/倉庫内の天井高は9m。4つの温度帯に仕切られる



   三菱倉庫グループの新たな倉庫がインドネシアに建設された。8月に竣工し、10月に全面稼働する。場所は、西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地内だ。
「ジャカルタには1993年から稼働しているタンゲラン倉庫があります。場所は街の中心部から西へ約30qです。新倉庫は、タンゲラン倉庫とは反対に東へ約24qです」(板垣さん)
   なぜ、新しい倉庫を造る判断になったのか――。
「自動車産業の発展で工業団地が広がっていき、交通渋滞が深刻になりました。そこで食品などの消費財については、より中心地に近く、少しでも渋滞を避けられる倉庫が求められるようになってきました」(朝枝さん)
   敷地面積は17万u。東京ドームの3.5倍と広大だ。
「敷地の南エリア約1万8000uに、最初の1棟を造りました。今後、第2期の倉庫も建設していく予定です」(板垣さん)
   第1棟は、内部が4つの大きな区画に分かれている。
「常温・定温・冷蔵・冷凍の4温度帯です。また、保管エリアに加えて、外食産業など食品関連のお客さまが食品を加工できるよう、セントラルキッチンも併設しています」(板垣さん)
「インドネシアの倉庫は、工業部品の保管を目的に造られたものが多く、それらは温度管理ができません。食品などの製品、原材料を温度管理して保管できる新倉庫にはかなり優位性があるはずです」(朝枝さん)
   冷凍食品を扱う日系大手加工食品会社の利用も決まっている。
「産業が発達し生活水準が上がると、コールドチェーンといい、生鮮食品や医薬品の生産から輸送、消費まで低温を維持できる物流が求められます。そこで保冷輸送が可能なトラックも導入しました。保冷車を持つ日系の物流会社はインドネシアでは初めてだと思います」(朝枝さん)
「敷地内にはメーカーの工場を誘致することも考えています。原材料や製品の保管は、我々の倉庫を使っていただく。また、輸出入のサービスと組み合わせることもでき、可能性がどんどん広がっています」(板垣さん)

朝枝 佑介
(あさえだ・ゆうすけ)
国際輸送事業部
グローバルセールスチーム
板垣 嘉治
(いたがき・よしはる)
国際業務室

三菱倉庫

東京都中央区日本橋1-19-1

倉庫業に港湾運送業、国際輸送事業を加え、国内外一体のロジスティクスサービスを展開している。特に、欧米、中国、東南アジアでの高品質な物流サービス提供に注力。また、オフィスビル、商業施設の賃貸などの不動産業も行っている

▲ページトップ

TOPIC 2

三菱東京UFJ銀行

スマホで、いつでも、どこでも残高確認

口座残高が表示された画像。お取引明細では、入出金の確認が簡単に可能。スマホを下のQRコードにかざすだけで、簡単にインストールができる

   三菱東京UFJ銀行の公式スマートフォン用アプリ『My Money』が好評を得ている。 「『My Money』は三菱東京UFJ銀行が無料で提供している公式アプリです。当行の口座残高やお取引明細が24時間、365日いつでもどこでも簡単にチェック可能です。また、当行の口座だけでなく、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、カブドットコム証券、じぶん銀行といったMUFG各社の口座残高や当行および三菱UFJニコスが発行しているクレジットカード・デビットカード(一部除く)のご利用明細も確認でき、入出金やご資産をまとめて管理していただけます。さらに、つみたてシミュレーションでは、簡単に将来の貯蓄額や積み立てるべき金額をシミュレーションできます。楽しみつつ資産形成に役立つと好評です」(神谷さん)

神谷 茉利絵
(かみや・まりえ)
リテール事業部
基盤商品グループ

三菱東京UFJ銀行

東京都千代田区丸の内2-7-1

総合金融グループ「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の中核会社。国内約920の拠点と海外50カ国以上約1180拠点をベースに、お客さまの多様な金融ソリューションニーズに応え、高度な専門性を生かした商品・サービスを提供している

▲ページトップ

TOPIC 3

三菱スペース・ソフトウエア

多様化する標的型攻撃メールに対応する訓練

サービスの流れ
訓練メールの利用可否を確認するために事前評価テストを実施。その上で、疑似標的型攻撃メール(標準2回)を配信。独自システムで添付ファイル の開封結果を集計し、報告。開封者へのWeb教材も用意

   三菱スペース・ソフトウエアが、標的型攻撃メール対応トレーニング(略称メルトレ)のサービスを提供。きめ細かい対応で、採用各社から高い評価を得ている。
「標的型攻撃メールとは、特定の企業や組織に対して関係者や顧客を装い、ウイルスを仕込んだ添付ファイルを送りつけてくるもの。その手法は年々、巧妙になり、業務に支障を来す例が後を絶ちません。そうした標的型攻撃メールを疑似体験し、組織のセキュリティー意識を高める訓練が、メルトレです。具体的には、疑似標的型攻撃メールを配信し、開封結果を報告。開封者へのWeb教育や、開封後の組織での初期対応訓練も可能です。最新トレンドを含む20種類以上の訓練メールを用意していますので、定期的な訓練実施がより有効です」(吉原さん)

吉原 謙
(よしはら・けん)
鎌倉事業部 営業本部
第一営業部 第三課

三菱スペース・ソフトウエア

東京都港区浜松町2-4-1

宇宙、航空、防衛システムのほか、バイオインフォマティクスや情報通信システムなどの先端分野で、情報通信技術とソフトウエア技術を駆使したシステムおよびソフトウエアの開発・提供を業務とする

▲ページトップ