三菱広報委員会

三菱最前線

TOPIC 1

三菱スペース・ソフトウエア

がん遺伝子診断を助けるデータ解析技術


がん遺伝子診断の流れ。➌の部分を三菱スペース・ソフトウエアが担当。シークエンスデータのT、A、C、Gは4つの塩基、チミン、アデニン、シトシン、グアニンの略。そうしたデータを解析し、最適な分子標的薬を特定する

   三菱スペース・ソフトウエアは2016年4月より、北海道大学病院の「がん遺伝子診断部」と連携し、がん遺伝子配列のデータ解析を開始している。
「本来、がんは遺伝子の変異により起こる病気。その遺伝子の変異がどこにあり、またどのような変異なのかをデータ解析し、医師に対しては治療薬の候補を提示するのが、弊社の役割です」(谷嶋さん)
   通常、がんと診断された場合、病巣がある部位によって、乳がん、大腸がんなどと呼ばれ、病状を見て、標準治療が行われる。標準治療とは抗がん剤による化学療法、手術、放射線治療などを指す。
「そうした臓器別の診断ではなく、遺伝子変異別に診断し、適切な治療を行うのが、がん遺伝子診断なのです。手術が困難ながんや、進行した肺がん、乳がん、大腸がんなどに有効とされています」(谷嶋さん)
   具体的には、どのように行われるのか。まず、医師が患者に対し、がん遺伝子診断の概要を説明し、同意を得る。次にがんのサンプルと血液が採取され、変異を起こしていると予測される遺伝子が絞り込まれる。
「そのシークエンスデータと呼ばれるものが、弊社に送られてきます。そのデータを解析し、変異部分を検出、さらに、がん細胞の増殖に関与している遺伝子変異(ドライバー遺伝子変異)に基づく分子標的薬を特定します。分子標的薬とは、がん化した細胞だけを狙い撃ちにする薬で、国内承認薬は60種類ほどあります。その結果をリポートにまとめ、病院に送ります」(谷嶋さん)
   現在、北海道大学病院のほか、帯広にある北斗病院でも、がん遺伝子診断が行われている。
「弊社は20年以上前に、遺伝子情報のデータ解析に参入。以来、高精度なデータ解析を蓄積し、今回、国内で承認された分子標的薬の組み合わせを解析できるアルゴリズムとソフトウエアを完成させました。現在、こうした先進的な医療に取り組んでいる中核となる医療機関は、全国で20拠点以上に増えています。順次、弊社のデータ解析技術を紹介していきたい」(大場さん)

大場 正輝
(おおば・まさき)
営業本部 第二営業部
第二課長
谷嶋 成樹
(たにしま・しげき)
関西事業部 バイオメディカルイン フォマティクス開発室
副室長

三菱スペース・ソフトウエア

東京都港区浜松町2-4-1

宇宙、航空、防衛システムのほか、バイオインフォマティクスや情報管理システムなどの先端分野で、情報通信技術とソフトウエア技術を駆使したシステムおよびソフトウエアの開発・提携を業務とする

▲ページトップ

TOPIC 2

三菱化工機

国内初、排ガス洗浄システムを納入

『三菱ハイブリッドSOx スクラバーシステム』。清水を循環させる洗浄ラインと、海水を取り入れて排出する洗浄ラインを搭載。2通りのいずれかの洗浄方法で大気汚染物質を除去。既存船舶にも設置可能



   三菱化工機は三菱重工業と共同で、船用エンジンの排ガスからSOx(硫黄酸化物)を効率的に除去する排ガス洗浄システム『三菱ハイブリッドSOxスクラバーシステム』を開発した。
「背景にはIMO(国際海事機関)によるSOx排出規制があります。北海やバルト海、北米沿岸では、2015年から船舶燃料油中の硫黄分が0.1%に規制、20年からは世界中の海域で0.5%以下に規制されます。同機はSOxの除去能力が99.9%。排ガス洗浄により従来の燃料のまま規制の代替方法として認められます。現在、1号機がパナマ船籍の船に搭載され、実証実験中。日本海事協会、パナマからも承認が得られると確信しています」(陳岡さん)
   画期的な排ガス洗浄システムが、世界の船舶を変えそうだ。

陳岡 克哉
(じんおか・かつや)
船用機械技術部
グリーンシステム設計グループ

三菱化工機

神奈川県川崎市川崎区大川町2-1

プラント・環境設備の建設・エンジニアリングと、各種単体機器の製作を軸に事業を展開。都市ガス、石油、水素、電力、化学、医薬、食品、半導体、バイオ、大気汚染防止、水処理、新エネルギーなど、さまざまな分野でお客さまのニーズに応え、社会に貢献

▲ページトップ

TOPIC 3

三菱食品

お酒の情報が盛りだくさんのサイト


たのしいお酒.jp』のコンテンツ「日本まるごと 地酒×地肴」。
右/「八戸酒類」の『海風詩』と相性抜群のせんべい汁。
左/「李白酒造」の『空月』と合う白身の高級魚「カナ」

   三菱食品が2016年6月に、お酒に親しむための情報サイト 『たのしいお酒.jp』を立ち上げ、好評を博している。
「昨今は商品を並べているだけでは購入されない時代。その商品の誕生ストーリー、作り手の熱い思いなどを伝えれば、より興味を持たれるのではないでしょうか。生活者が求める酒類の情報を発信し、お酒のある生活の楽しさが伝わるサイトを立ち上げました」(橋さん)
   人気のコンテンツは、酒に一家言ある6人の著名人による「六酒仙、かく語りき」、醸造家の熱意を伝える「クラフトビール物語」、蔵元を訪ね、その土地の名産品との相性をつづった「日本まるごと 地酒×地肴」などバラエティーに富む内容だ。
「新たな飲酒層を増やすとともに、酒類業界を盛り上げる一助になれば幸いです」(橋さん)

橋 彩香
(たかはし・あやか)
酒類事業本部
商品オフィス

三菱食品

東京都大田区平和島6-1-1

国内外の加工食品、冷凍・チルド食品、酒類、菓子など年間約40万アイテムの商品を取り扱い、全国の小売業や外食産業などの取引先へワンストップで提供する「食」の中核企業。紹介した『たのしいお酒.jp』のURLは
tanoshiiosake.jp/

▲ページトップ