三菱広報委員会

三菱最前線

TOPIC 1

大日本塗料

業界初。メタリック塗料で神戸のビルを改修

神戸国際交流会館の改修前(右)と改修後。竣工時のようなメタリックの輝きがよみがえった。全壁面を塗装するために、Vフロン#200スマイルRBメタリックシステムを約7t、屋外ゴンドラで塗っていく

業務用のVフロン#200スマイルRB メタリックシステムの形態。ローラーで、手作業で塗装。「RB」とはローラー・ブラシのこと

   大日本塗料は、カーテンウォール改修向けローラー塗装メタリック塗料『Vフロン#200スマイルRB メタリックシステム』を開発。その塗料を初めて採用したビル、兵庫県の神戸国際交流会館の全面、1万uの塗り替えが2017年3月に完了した。その輝きは竣工時を超えると評価されている。
「実は、ビルの外壁の大規模なメタリックの塗り替えは過去に例がありませんでした。均一に塗るにはスプレーによる塗装が必要です。ところが、風や天候をコントロールできない屋外では塗料は飛散してしまい、建物の近隣に迷惑をかけてしまいます」(櫻田さん)
   こうした理由で、スプレーを使わないローラーでのメタリック塗装ができないか、研究に研究が重ねられてきた。しかし、長い間成功例はなかった。
「従来のローラーや刷毛(はけ)の塗装だと、塗料中のアルミニウム顔料の動きをコントロールできず、斑模様(まだらもよう)になり、塗膜表面で光が乱反射するためにメタリック感がなくなってしまうのです」(田邉さん)
   メタリック塗装は工場内で素材を塗装できる竣工時限定だった。改修時には別の色にするしかなく、外観ががらりと変わる。その問題がついに改善された。
「メタリック塗料のベースはフッ素樹脂です。そこに、アルミニウム顔料を配合しています。アルミニウム顔料の動きを制御するために、配合量や分散性、さらに塗料の表面張力を調整するなど、さまざまな工夫を重ねました。その努力が実り、ローラー塗装でも斑模様にならない塗料の開発に成功することができました」(田邉さん)
   メタリック塗装は4工程がある。下塗り、中塗り、メタリックベース塗り、クリヤー仕上げ塗り。その後半部、メタリックベースおよび仕上げ塗りの時に同システムを採用することによって、神戸国際交流会館の壁は竣工時に近い状態に改修できたのである。
「神戸国際交流会館に続いて、東京都内のビルも1棟、メタリック塗装で改修。その後も複数のリクエストをいただいています。18年には大型ビルを3棟は手掛けたいですね」(櫻田さん)

櫻田 将至
(さくらだ・まさし)
塗料事業部門
建築塗料事業部
テクニカルサポートグループ
チームリーダー
田邉 祥子
(たなべ・しょうこ)
技術開発部門
研究部研究第一グループ
分析・物性チーム 研究員

大日本塗料

大阪市此花区西九条6-1-124

国内大手の総合塗料メーカー。重防食塗料、建築用塗料、住宅建材用塗料など幅広い分野の製品を開発・生産し、リフォーム事業や塗装工事も行っている。省資源・省エネ・環境 保全を重要課題に、独自の技術開発に努め、広く社会に貢献している

▲ページトップ

TOPIC 2

東京海上日動火災保険

通信機能付きドライブレコーダーの登場

『ドライブエージェント パーソナル』。強い衝撃を検知すると事故受付センターに連絡がいく。端末で通話が可能となり、事故映像を自動的に記録・送信

   東京海上日動は、2017年4月より通信機能付きのドライブレコーダー『ドライブエージェント パーソナル(DAP)』のサービスを開始している。
「DAPは運転時の映像を自動で記録・送信できるだけでなく、高度な事故対応サービスを兼ね備えています。例えば、エアバッグが作動するような強い衝撃を検知した際、提携企業に対して自動発報を行う。ドライブレコーダーを通じた会話によって、万が一、重篤な状態にあるお客さまがいらっしゃった場合には、消防へ連絡し、救急車の手配を行います」(河野さん)
   同社のトータルアシスト自動車保険ならびにトータルアシスト超保険の加入者が対象となる。
「特約保険料として、保険期間1年で月額650円(※)。17年4月以降、契約件数は着実に伸びています」(河野さん)


※保険期間1年で分割払い(分割割り増しあり)の場合の月払い保険料

河野 由香里
(かわの・ゆかり)
営業企画部 マーケティング室
グローバルマーケティンググループ

東京海上日動火災保険

東京都千代田区丸の内1-2-1

「安心と安全」の提供を通じて、お客さまや社会の挑戦を代理店さんとともに支えていき、100年先も「いざ」というときにお役に立てる、真の「良い会社“Good Company”」を目指している

▲ページトップ

TOPIC 3

三菱地所

訪日外国人観光客向け日本文化体験プログラム

上/着物で過ごす丸の内。着物や草履などをレンタルし、着付けまでしてもらう。料金は1人5500円
右/丸ビル6F「鎌倉一茶庵 丸山」で、そば打ち体験。抹茶とお土産付き。料金は1人5500円

   三菱地所のグループ会社である三菱地所プロパティマネジメント鰍ェ『丸の内Holiday』を企画。好評を博している。
「これは、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)の価値や魅力を高める一環として、訪日外国人観光客の方に日本文化を体験していただくプログラム。具体的には@着物で過ごす丸の内、A人力車で巡る丸の内、B丸の内でそば打ち体験、C寿司握り体験を丸の内で、D丸の内でBENTO作り〜築地ツアー付き〜、の5コース。人気は、好きな着物を選んで着付けてもらう@。6〜9月は浴衣となり、帯や下駄を含めプレゼント。また、Bでは、自分で打ったそばと職人が打ったそばとの食べ比べができます。Cも自分で握った寿司と職人の寿司の食べ比べとなります」(伊村さん)

伊村 久美子
(いむら・くみこ)
プロモーション事業部 兼
テナントサービス推進室

三菱地所
三菱地所プロパティマネジメント

東京都千代田区丸の内2-2-3

全国150棟超のオフィスビルや商業施設の運営管理、エリアマネジメント、プロモーション事業などで街づくりをトータルマネジメントしている。サービス向上のため、新規事業も積極的に展開中

▲ページトップ