このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

文化遺産

岩崎家四代の三菱社長は、明治・大正・昭和戦前にかけて、日本各地に本格的な西洋館や庭園をつくりました。また、彌之助・小彌太の父子二代は、厖大な東洋古美術品を蒐集し静嘉堂を、久彌は東洋文庫を設立しました。
これらの西洋館や庭園、文化施設を三菱グループの文化遺産としてここに紹介します。

岩崎彌太郎・彌之助・久彌生家

岩崎彌太郎・彌之助・久彌生家

茅葺き寄棟造りの生家。土間、式台のついた玄関、囲炉裏を切った居間、表座敷、控えの間等があり、典型的な江戸末期・中農の暮らしがうかがえる。


所在地:高知県安芸市井ノ口

旧岩崎家茅町本邸(かやちょうほんてい)

旧岩崎家茅町本邸(かやちょうほんてい)新しいウィンドウが開きます

この邸宅の設計はジョサイア・コンドル。イギリス・ルネサンスのジャコビアン様式を採用し、装飾には多種多様のモチーフが駆使されている。庭園は「都立旧岩崎邸庭園」として公開されている。


所在地:東京都台東区池之端(重要文化財に指定)

岩崎彌之助高輪本邸・三菱開東閣

岩崎彌之助高輪本邸・三菱開東閣新しいウィンドウが開きます

この邸宅の設計も、わが国の洋風建築の黎明期に多大な影響を与えたジョサイア・コンドル。現在も三菱の迎賓館として使用されている。


所在地:東京都港区高輪(一般には非公開)

岩崎小彌太熱海別邸・熱海陽和洞

岩崎小彌太熱海別邸・熱海陽和洞新しいウィンドウが開きます

自然石を積んだ外壁、急勾配の屋根、吹き抜けの空間等、16世紀イギリスのチューダー様式を採用した戦前の邸宅としては代表的な造りである。


所在地:静岡県熱海市林が丘(一般には非公開)

占勝閣

占勝閣

設計はジョサイア・コンドルの弟子・曾禰達蔵。長崎造船所・第3ドックを見下ろす丘陵にあるこの建物は内外賓客の迎賓館として使用されている。


所在地:長崎県長崎市飽の浦町(一般には非公開)

岩崎家駒込別邸・都立六義園

旧岩崎家駒込別邸・都立六義園新しいウィンドウが開きます

徳川第五代将軍綱吉の側近・柳沢吉保が手がけた回遊式築山泉水庭園。岩崎彌太郎が復元させ、昭和になり、当時の東京市に寄附された。


所在地:東京都文京区本駒込(特別名勝指定)

小岩井農場 聴禽荘(ちょうきんそう)

小岩井農場 聴禽荘(ちょうきんそう)

聴禽荘は岩崎久彌の別邸であった。岩手山南麓に広がる小岩井農場の南西部にある。寄棟屋根、畳敷廊下、高床など、特徴ある建物となっている。


所在地:岩手県岩手郡雫石町(一般には非公開)

静嘉堂文庫・静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫・静嘉堂文庫美術館新しいウィンドウが開きます

瀟酒なイギリスの郊外住宅風建物。岩崎小彌太により父彌之助の収集した貴重な和漢の古典籍を保存し、研究者に公開することを目的に1924(大正13)年に建てられた。


所在地:東京都世田谷区岡本

岩崎家深川別邸・都立清澄庭園

旧岩崎家深川別邸・都立清澄庭園新しいウィンドウが開きます

江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡を岩崎彌太郎が購入し、修築、造園したもので、大正末期に当時の東京市に寄附された。


所在地:東京都江東区清澄

東洋文庫

東洋文庫新しいウィンドウが開きます

1917(大正6)年、岩崎久彌が当時の中華民国総統府顧問であったジョージ・アーネスト・モリソン氏の蔵書「モリソン文庫」を購入して、1924(大正13)年に設立した我が国最初の東洋学を対象とする研究所併置の専門図書館。


所在地:東京都文京区本駒込