みらい予想図

1970年大阪万博のパビリオン「三菱未来館」では、50年後(2020年)の暮らしや社会が大胆に予測されていました。その内容を振り返るとともに、今まさに研究が進んでいる注目の技術を通して、私たちの新たな未来を展望するコラムシリーズです。
(監修:三菱総合研究所 )

三菱未来館ってなんだっけ!?

国際博覧会や地方博覧会などに三菱グループが出展するパビリオンの名称が「三菱未来館」です。

1970年に大阪で開催された日本万国博覧会(EXPO’70)では、あの「太陽の塔」や「月の石」などと並んで人気を集め、民間企業のパビリオンとしてはトップの入場者数を記録しました。

そんな、EXPO’70の「三菱未来館」では
「日本の自然と日本人の夢」というテーマのもとに、
50年後(=2020年)の日本の未来の姿を予測していました。

「三菱未来館」が予想した 2020年の社会が
これだ!!

三菱未来館が予測した2020年。
その一部をご紹介します。
ズバリ的中しているもの、 まだまだ実現には遠いもの。
あなたが今から50年後を予測するとしたら、
どんな未来を思い描きますか?

宇宙から気象観測

宇宙ステーションの世界気象管理センター・情報局ドームへ。世界の気象図、各国語でアナウンスされる気象状況の変化。

自家用ヘリが家庭に普及!

世界中のテレビ中継が見られ、プールや自家用ヘリコプターが、一般の家庭に普及する。

蛇口から牛乳!料理は自動で

ミルクはコックをひねるだけで飲むことができ、料理は電子自動調理機をセットすれば簡単にできるようになる。

稲作でなく酪農中心になる

稲作は減少して、酪農に重点を置き、すべての化学と機械を取り入れた近代農業区は、一つの独立的な都市構造を持つ。

ウナギは完全人工養殖!

淡水魚の養殖技術も発達して、マスやウナギは、世界中に輸出される。

  • 01

    働く時間は1日4時間に!
    肉体労働は、姿を消す

    人間の働く時間は、1日4時間に短縮される。肉体労働は、まったく姿を消し、人間は電子ビジネス装置で、いつもメカニズムと技術革新に囲まれる。

    4時間労働で肉体労働ゼロ!? ロボットたちの
    社会進出

    ロボットとの共生、ロボットの活躍…。ロボットのサポートで、人間の暮らしはもっともっと快適に、幸せになっていくのだろうか?1970年に三菱未来館で予測した「労働時間1日4時間」も、実現想定圏内に入っているのかもしれない!

  • 02

    壁掛けテレビや
    電子頭脳が普及

    新緑に囲まれた未来住宅が、あなたを迎えます。室内には、壁掛けテレビ、ホーム電子頭脳、電子調整器などが普及…。

    家に電子頭脳!? AIで人は幸せになれるのか

    三菱未来館では「家庭にも電子頭脳が普及」と予測。この「電子頭脳=AI」は、前回のロボット篇でもキーテクノロジーとして挙げられていた。では、これからAIが格段の進化をみせることで、社会はどう変わっていくのだろう。そして人はもっと幸せになれるのだろうか。

  • 03

    ガンは克服される

    ガンは、もちろん克服され、交通事故の時以外は、手術を必要としなくなる。

    ガンは克服!? ゲノムが拓く医療の未来

    三菱未来館では、50年後までに「がんは克服される」と予測していた。ゲノム医療が今後進化し、実際にがんは近い未来、克服されることになるのか。

  • 04

    仕事は完全自動化
    ボタンひとつでOK

    仕事はボタン一つで!? 量子コンピューターが
    未来を変える

  1. Home
  2. 三菱創業150周年記念サイト
  3. みらい予想図