助成活動

三菱グループには、事業活動の究極の目的は社会への貢献であるという根本理念が受け継がれています。この精神のもと、学術研究、社会福祉等に関する事業等に援助を行なうことを目的とする『公益財団法人 三菱財団』、未来を担う子供・若者の育成を目指す教育活動への助成等を行なう『一般財団法人 三菱みらい育成財団』をそれぞれ設立し、日本の学術、教育、文化、福祉の向上、未来の社会を育むことに貢献しています。
このページでは、2019年に創立50周年を迎えた三菱財団の助成活動を中心にご紹介します。

三菱財団とは

三菱財団は三菱創業100周年事業として1969年に設立されて以来、自然科学、人文科学分野において学術研究・調査に取り組む研究者を支援するとともに、社会福祉分野では種々の福祉課題の解決に献身的に取り組む個人・団体も助成してきました。最先端科学から草の根的実践活動まで、日本を支える前途有為な人材・事業をサポートしています。

公益財団法人三菱財団2019年度助成金贈呈式
三菱財団研究・事業報告書

Challenges for the Future: 助成者インタビュー

これまでに三菱財団が研究に助成をし、研究・課題に取り組んでいる方々へのインタビューを掲載していきます。
インタビュー第2回の記事では、三菱財団が助成している数多くの研究者の中から、資源問題をテーマに、アフリカ・コンゴの研究を行なっている華井和代先生の研究をご紹介いたします。

NEW 見えない“つながり”から、平和に貢献できることを自分事として考える!

見えない“つながり”から、平和に貢献できることを自分事として考える!

華井和代氏 東京大学 未来ビジョン研究センター 講師/NPO法人 RITA-Congo 共同代表

2020年4月20日

歴史にIfはないけれど……もし史実上の偉人が現代に生まれていたら?

歴史にIfはないけれど……もし史実上の偉人が現代に生まれていたら?

畠山昌則氏 東京大学大学院医学系研究科・医学部 病因・病理学専攻 微生物学講座 微生物学教室 教授

2020年2月25日