三菱財団とは

三菱財団は「自然科学研究助成」「人文科学研究助成」「福祉事業の助成・社会福祉に関する科学的調査研究の助成」の3つの分野の助成事業を実施している民間助成財団です。
1969年三菱創業100周年事業として設立され、1970年より助成事業を開始以来、個人・団体に累計約4,000件超、約180億円にのぼるさまざまな支援を行ってきました。
助成プログラムは、3分野をカバーし領域が広いこと、1件あたりの助成額が比較的大きいこと、民間財団ならではの採択に努めていること、助成金という評価に加え、プライス(賞)的な側面があるとの評判があることが特色です。
学会推薦などのない完全公募制で、研究費確保が年々厳しくなっている中、新しい発想も受け入れうる助成として多数の応募と大きな期待が寄せられています。

三菱財団のあゆみ

三菱財団設立まで

戦前の三菱グループの社会活動について

三菱グループは以下の通り、戦前から寄附をはじめ多様な社会貢献活動を活発に展開してきました。三菱財団のみならず、三菱グループの公益法人はこうした活動をルーツにして、現在に至っています。

三菱財団設立まで

戦前の寄附委員会の活動を示す資料(三菱史料館所蔵)

寄附委員会議事録表紙
寄附委員会議事録表紙
寄附委員会議事録 資料1
寄附委員会議事録 資料1
寄附委員会議事録 資料2
寄附委員会議事録 資料2

三菱グループ100周年と財団設立

1969年、三菱創業100年を記念して、三菱財団が設立されました。「三綱領」をはじめとするそれまでの三菱グループの理念を基に、また、当時の社会情勢を踏まえて、設立趣意書が作成されました。この趣意書は三菱グループの社会に対する姿勢を明確に記し、現在も財団の基本理念として運営のベースになっています。

設立趣意書

三菱事業の発生は、1870年(明治3年)10月に遡る。この時、創立者岩崎弥太郎が、彼の郷里土佐において海運業の経営に着手した。三菱企業は、近代日本の曙と共に生まれ、爾来日本経済と運命を共にして、幾多の苦難を経ながらも今日に至った。
即ち、今やわが国は、全世界を瞠目させる高度成長を遂げ、本格的国際化時代を迎えて、さらに大きく雄飛せんとしているが、三菱グループもまた、今日の姿を土台として、さらに国民経済の発展のために前進しようとしている。
しかしながら、周知のごとく、このような急速な経済発展の陰において、避け難いひずみとも見られる社会資本の不足があり、また国民生活の向上が、必ずしも国民福祉の向上と共存、均衡していないという問題がある。
更には、精神文化の退潮、自然科学特に基礎科学部門における頭脳流出現象、次代を託すべき青少年教育、発展にとり残された社会階層の存在等々今後克服さるべき問題は少なくない。
これらの不均衡の是正こそ国の政策と相まって、社会的責任ある代表的企業にとっての重大なる責務であり、関心事であるといわねばならない。
三菱グループは、創業以来公益に奉ずることを以て経営の基本理念として来た。たまたま明年秋、創業百周年の記念日を迎えるにあたり、伝統の精神を生かした最も有意義な事業を以ていささか社会に報い、一層の国民経済発展に資するため、関係各社相集い、財団法人三菱財団を設立せんとするものである。
当財団は、わが国社会の学術、教育、文化ならびに福祉の向上に資することを目的として、さしあたっては学術研究の助成、社会福祉に関する事業の助成を主たる事業とし、当初250百万円を以て発足するが、将来はさらに時代に適合した事業をも加え、今後10年間にわたり相当額の寄附を重ねて事業規模ならびに財団基礎を拡大強化せんとするものである。

第1回助成金贈呈式
第1回助成金贈呈式
第1回助成金贈呈式における財団役員・評議員・選考委員の皆様
第1回助成金贈呈式における財団役員・評議員・選考委員の皆様

設立後のあゆみ

財団設立以来、助成先数累計は4千件超、助成金額累計は約180億円にのぼります。
1990年以降20年間にわたり年間4億5千万円の水準を維持してきましたが、三菱グループ各社からの拠出金を2014年より5年間で100億円増額し、50周年記念特別助成も実現することができました。

助成実績の推移

助成実績の推移

三菱財団の取り組み

1. 助成実績

自然科学・人文科学・社会福祉各分野の“2020年度助成実績”は以下の通りです。
今年度も、全分野総数1,898件と多数の応募の中から、選考委員による厳正な書類審査・面接等を経て、154件・総額610百万円の助成を行いました。

2020年度助成実績

分野 応募件数 助成件数 助成金額(百万円)
自然科学研究助成 一般助成 850 46 310
若手助成
(50周年記念特別助成)
545 25 100
人文科学研究助成 一般助成 287 33 60
大型連携研究助成
(50周年記念特別助成)
21 3 20
文化財修復事業助成
(50周年記念特別助成)
21 8 20
社会福祉事業・研究助成 174 39 100
合計 1,898 154 610

2. 助成金贈呈式

毎年9月に、助成金受領者とご来賓をお招きし、助成金贈呈式を開催していますが、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応として開催を中止いたします。

3. 成果報告会

例年、贈呈式と同日に、過年度の助成金受領者を講師としてお招きし、研究・事業の内容・成果を報告いただいていますが、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対応として開催を中止いたします。以下は、2019年度の開催報告です。

【パネラーの皆様】

慶応義塾大学 医学部教授 柚﨑通介氏 2016年自然科学助成先
慶応義塾大学
医学部教授
柚﨑通介氏
2016年自然科学助成先
京都大学大学院 経済研究所教授 諸富徹氏 2017年人文科学助成先
京都大学大学院
経済研究所教授
諸富徹氏
2017年人文科学助成先
特定非営利活動法人 キッズドア理事長 渡辺由美子氏 2017年社会福祉助成先
特定非営利活動法人
キッズドア理事長
渡辺由美子氏
2017年社会福祉助成先

4. 研究・事業報告書

毎年8月、助成先からご提出いただく成果報告書をまとめ「研究・事業報告書」を発刊しています。

研究・事業報告書

5. 50周年記念特別助成プログラム

財団設立50周年を記念して、以下の「特別助成プログラム」を実施しました。

1. 自然科学分野
「若手助成」

1. 自然科学分野 「若手助成」
応募:545件
採択件数:25件
助成金額:100百万円

2. 人文科学分野
「社会的課題解決のための大型連携研究助成」

2. 人文科学分野 「社会的課題解決のための大型連携研究助成」
応募:21件
採択件数:3件
助成金額:20百万円

3. 人文科学分野
「文化財修復助成」

3. 人文科学分野 「文化財修復助成」
応募:21件
(全国各地からバラエティーに富む応募。)
採択件数:8件
助成金額:20百万円

4. 社会福祉分野
「助成金額増額(+10百万円)」

4. 社会福祉分野 「助成金額増額(+10百万円)」
応募:174件
採択件数:39件
助成金額:100百万円

6. 中高生向け成果報告会実施

自然科学分野を中心として、若手研究者育成の重要性が高まる中、研究成果活用の一環として、研究者を目指す中高生を対象に、当財団のこれまでの助成先の研究者の方を講師として、12月21日に成果報告会を開催しました。限られた人数のクラス形式で、若い人たちのモチベーションが一層高まるよう、当財団が助成した研究の成果のみならず、講師の先生の研究の全体像、研究者としてのこれまでの経験などについても語っていただきました。

【三菱財団 サイエンスアカデミー】
未来を見据えた人材育成のための成果報告会

参加者:自然科学分野の研究者を目指す中高生(約20名)
日 時:2019年12月21日(土)

第1部

東京大学大学院理学系研究科
合田 圭介教授
演題:「光科学の世界から~レーザーの原理と応用~」

東京大学大学院理学系研究科 合田 圭介教授

第2部

理化学研究所脳神経科学研究センター
下郡 智美チームリーダー
演題:「三つ子の魂百まで?脳科学で理解することわざの意味」

理化学研究所脳神経科学研究センター 下郡 智美チームリーダー