今月の一社

今月の一社

vol.5 ピクトリコ

ペーパーレスが謳われ、どれほどデジタル化が進んでも、やはり私たちの暮らしや仕事に「紙」は欠かせません。むしろ技術の発展とともに使われ方や製品そのものが変わっていくものなのではないでしょうか。今回ご紹介する三菱製紙グループの『ピクトリコ』は、個人・ビジネス向けに、高品質なインクジェット用紙販売とプリントサービスを提供しています。

プロの写真家やハイアマチュア向けにカラーやモノクロ写真、大判ポスターなど幅広い用途に対応したインクジェット用紙「ピクトリコプロ」、「GEKKO」シリーズを販売。一方、印刷業界向けには印刷本紙を用いた「校正用インクジェット用紙」や、製版フィルム用途の「透明インクジェットフィルム」などを販売しています。

また、「ピクトリコプリント工房」という、用紙と品質にこだわったプリントサービス事業も展開中。これは作品に合う紙選びのサポートから始まり、色調整、高品質プリント、そして額装・加工・展示までを一貫してサポートしてもらえるというもの。自分の作品をかたちにする喜びを味わうことができるサービスです。

ピクトリコイメージ

注目なのが「デジタルネガフィルム」。現在はデジタルカメラで撮影してインクジェット用紙に印刷、というのが一般的な写真印刷の手法ですが、ピクトリコが販売している「デジタルネガフィルムTPS100」を使ってインクジェットでネガを作り銀塩モノクロ印画紙に印刷するという手法で、デジタルとアナログの融合が可能になるのだそうです。ピクトリコのウェブサイトでは、デジタルネガフィルムの制作方法が詳しく紹介されています。銀塩プリントが懐かしい方も新たに挑戦してみたい方も、ぜひご覧になってみてください。

他にも、群を抜いた耐久性と美しさを持つ「プラチナ・パラジウムプリントラボサービス」や、クリスタルのような透明感が得られる「クリスタルパネル」など、写真印刷が何倍も楽しく価値あるものになるサービスが揃っています。デジタル時代の紙や写真印刷の可能性の広がりを感じます。

さらに先日、ピクトリコは、表参道に自社写真関連商品の販売とプリント相談、作品プリントサービス「ピクトリコプリント工房」の受付を目的としたショップを開設することを発表しました。併せて同所に三菱製紙の写真ギャラリーが開設されます。こうした様々な展開で、写真の大切な文化である「プリントして楽しむ」ということをこれからも守り続けて欲しいですね。

所在地:東京都墨田区両国2丁目10番14号 両国シティコア

お問合せ、オンラインショップは上記ホームページをご参照ください。

注:本文中の情報等はいずれも2017年4月現在のものです。