今月の一社

今月の一社

vol.17 冨士霊園

土地とは暮らし、活動する場所であり、人の営みとは切り離せないものです。そして人生を終えて眠りにつくのもまた土地。一生どころかそれを超えて関わりがあります。今回ご紹介する会社は国内最大級の広さを誇る公園墓地を管理運営する、三菱地所グループの『冨士霊園』です。

非常に有名な霊園なので、「三菱グループだったんだ!」という驚きの声もあるかもしれませんね。冨士霊園はその名の通り富士山のふもとに広がる、64万坪にも及ぶ広大な霊園です。あまりにも広いので、園内を巡回バスが走っているほど。広いだけでなく、約1,000本のソメイヨシノと約7,000本の山桜があり、財団法人日本さくらの会により「日本さくら名所100選」にも選定されている桜の名所でもあります。見頃を迎える4月の中旬には、正面入り口から続く桜の大通りには大勢の人や車が並びます。

墓所

とはいえメインは当然ながら墓所。冨士霊園では墓石・広さなどの規格が統一された「規格墓所」、希望の工事がおこなえる「自由墓所」のほか、冨士霊園のシンボルであるシダレザクラのもとに多くの方の遺骨を埋葬する樹木葬墓所「さくらの丘」、承継者のいない方におすすめの永代供養墓「祈りの丘」など、埋葬をする方、される方の希望に沿った墓地を選ぶことができます。

さらに富士庭園が提案する新しいスタイルのお墓が「わたしのお墓」。これはあらかじめ納骨予定者と契約期間(納骨後に墓所を使用できる期間)を登録し、契約期間終了後は冨士霊園内納骨堂に合祀するというものです。承継者がいない、あるいは後の代に負担をかけたくない、といった現代人のニーズをくみ取ったお墓といえるのではないでしょうか。

規格墓所

現代人のニーズといえばもうひとつ注目のサービスが「ネット墓参」です。遠方だったり身体的な負担があったりと様々な事情でお墓参りになかなか行けない、でも気になる…という方向けに、なんと無償で提供されています。登録すると自家の墓所の写真を、インターネットを通じて見ることができるようになり、別途有料で供花を申し込めば、お花が飾られたお墓を画面越しにお参りできるそうです。

先祖伝来の墓地からお墓の移動が必要になったり、自分自身の埋葬にこだわりを持ったり、現代社会のお墓事情は大きく変化しています。冨士霊園では特急やバスを利用した無料見学会を実施しているそうなので、冨士霊園が提案するさまざまなお墓のスタイルにご興味のある方は、まずは実際に訪れてみてはいかがでしょうか?

所在地:静岡県駿東郡小山町大御神888-2

資料請求

注:本文中の情報等はいずれも2018年4月現在のものです。