今月の一社

今月の一社

vol.25 ピー・エス・コンクリート

新しい線路や道路、橋の完成は、移動に新しい便利さが生まれる瞬間であるとともに、「新しい橋ができたから渡ってみよう」「次の旅行は新しい高速道路で行こう」と考えたりする、ちょっとわくわくするニュースですよね。今回はそうした道路や橋などの建設に使用されるコンクリート製品の製造販売の専門会社、ピーエス三菱グループの『ピー・エス・コンクリート』をご紹介します。

ピー・エス・コンクリートは、ピーエス三菱の50年以上にわたる技術・ノウハウを継承したコンクリート製品製造の専門工場として2007年に分社化した会社です。ピーエス三菱は (株)ピー・エスと三菱建設(株)の合併で2002年に誕生した会社ですが、ピー・エスの旧社名がピー・エス・コンクリートだった(~1991年)ので、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないかと思います。

ピー・エス・コンクリート イメージ

ピー・エス・コンクリートでは現在、全国5か所の工場で、主にプレストレスト・コンクリート製品の製造をおこなっています。プレストレスト・コンクリート(PC)とは、圧縮には強いが引張には弱いというコンクリートの最大の弱点を克服することができる技術で、ピーエス三菱が日本で初めて工業化をしたものです(ピーエス三菱のウェブサイトで説明動画 を見ることができます)。

ピー・エス・コンクリートはこの技術を用い、道路橋の橋げたや、高速道路のリニューアルで使われる床版、鉄道線路のコンクリートマクラギといった土木製品、ビルや集合住宅、学校、競技場などで使用される柱・梁などの建築製品の製造をおこなっています。ピー・エス・コンクリートのウェブサイトを見ると実際の施工風景が掲載されていますが、その規模の大きさに圧倒されます。私たちが毎日利用する道路や鉄道は、こうして作られているのですね。

また、2011年の東日本大震災の甚大な被害を受け、ピー・エス・コンクリートでは防潮堤(津波防護壁)用の部材の製造を開始。宮城県気仙沼市に、完成した防潮堤が設置されています。暮らしと命を守るコンクリートですね。

ピー・エス・コンクリートの理念は「人と自然が調和する豊かな環境づくりに貢献する」。自然環境を尊重しながらも、快適で豊かな暮らしのために必要な建造物の部材を製造している会社です。

本店:東京都千代田区九段北1-9-16 九段KAビル 4階

お問い合わせ

注:本文中の情報等はいずれも2019年2月現在のものです。