数字でみる三菱グループ

数字でみる三菱グループ

三菱グループに関する歴史やグループに関わる様々な情報を 数字でわかりやすくご紹介します。

[歴史篇]

三菱の起源は1870(明治3)年。土佐藩出身の岩崎彌太郎が海運事業を興したことに始まります。

創業者岩崎彌太郎にはじまる四代の社長が三菱グループの基礎を築きました。

三菱の歴史の中で受け継がれてきた経営の根本理念です。

岩崎彌太郎は、土佐藩の大阪商会の事業を引き継ぎ、土佐藩の汽船3隻を譲り受け、九十九商会の名で海運業を始めました。

日本のビジネスの中心地として発展を遂げ、日本の玄関口としての役割も担っている丸の内エリア。1890(明治23)年に岩崎彌之助が明治政府から丸の内の兵営跡地など10万余坪を購入したことにはじまります。

岩崎彌太郎は、明治11年に茅町本邸を購入。明治13年に社員の親睦の場として下町の深川別邸(約3万坪)を作り、その後、駒込の駒込別邸(約3万坪)を購入。現在は、重要文化財として東京都で公開されています。

[はじめて・No.1篇]

【世界初】絞りと露出計の連動、モータードライブの実用化など、世界初のさまざまな機能を盛り込み、高級一眼レフカメラとしての地位を築きました。

【日本初】(昭和27年)場所は石川県七尾市。
今や日本全国あらゆる場所で使われるPC橋ですが、この小さな橋が日本でのPC橋の始まりです。

【日本初】日本の海運会社として初の遠洋定期航路「ボンベイ航路」開設の年です。

【世界初】脱酸素剤「エージレス®」を世界で初めて生産を開始した年です。

【世界初】世界初の量産型EV「i-MiEV」発売しました。

【日本初】明治時代、国家の近代化を目指す政府の殖産興業政策により、数多くの新産業が生まれました。その1つとして、当時業績を伸ばしていた海運・貿易業に欠かせない海上保険会社を設立する動きがあり、1879年8月1日、東京海上日動の前身である東京海上保険会社が設立されました。

【日本第一位】原油処理能力 193万バレル/日
※国内第1位、2019年3月末現在

現在のキリンブランドの原点となった「キリンビール」。キリンビールの前身会社である、ジャパン・ブルワリー・カンパニーが製造していました。現在の「キリンラガービール」の原点であり、130年以上の歴史があります。

【世界一】106m3/477ton硬土盤グラブバケットは、浚渫船用の世界最大重量バケットとしてギネスブックに登録されました。