みつびし みてきた!

みつびし みてきた!

vol.4 三菱みなとみらい技術館

こんにちは! 事務局のカラットです。前回は三菱UFJ信託銀行の運営する信託博物館をご紹介しましたが、三菱グループには博物館や展示室などの施設を開設している会社が他にもたくさんあります。今回は、神奈川県横浜市にある三菱重工『三菱みなとみらい技術館』へと皆さんをご案内いたします!

見て、触れて、夢見る「最先端」の世界

横浜と言えば、日本を代表する超高層ビル『横浜ランドマークタワー』。そのランドマークタワーに隣接して建つ「三菱重工横浜ビル」の1階に入口があるのが、『三菱みなとみらい技術館』です。

ここは、三菱重工が「明日を担う青少年たちが『科学技術』に触れ、夢を膨らませることのできる場になること」を願い、1994年6月に設立されました。日常生活では触れる機会の少ない最先端の科学技術を遊びながら学べる、参加体験型のテクノロジーミュージアムになっています。

エントランスを入るとそこは開放感あふれる吹き抜けのロビー。正面の大きな階段の上にも続く広々とした展示スペースに期待が高まります。

まず案内されたのは1階。「航空宇宙」「海洋」「くらしの発見ゾーン」「交通・輸送ゾーン」の4つのコーナーがあります。圧巻はなんと言っても初の国産ジェット旅客機「MRJ」の、実物大の機体と主翼、エンジンの模型がドーンと展示されていること! ただ見るだけではありません。コックピットの操縦席に座り、操縦体験シミュレータでキャプテン気分を楽しめます。初体験で着陸を成功させるのはとても難しいようで、その日の体験者からは残念ながら一人も成功者が現れませんでしたが、自分の操縦で大空を飛ぶ臨場感が味わえ、何とも爽快な気分が楽しめます!

大迫力の「MRJ」実物大展示。シミュレータを使いキャプテン気分でテイクオフ!
大迫力の「MRJ」実物大展示。シミュレータを使いキャプテン気分でテイクオフ!

また、三菱重工と言えばH-IIA、H-IIBロケットも忘れてはいけません。両ロケットに搭載されているLE-7Aエンジンとその前身であるLE-7の実物展示により、エンジン技術の進化を見比べられたり、発射時に熱でなぜ金属が溶けてしまわないのか?といった素朴な疑問への答えも知ることができます。

ダイナミックな映像のフロアシアターで宇宙の旅から戻ると、次は深海の世界へ。「しんかい6500」はその名のとおり、6,500メートルの深海まで潜水することができ、全世界の約98%の海底調査を可能にした、世界最高水準の有人潜水調査船ですが、ここでも実物大の模型が分解展示されていて、その内側も外側も見られます。深海への潜水は水圧との闘い。球形の耐圧殻に守られたコックピットの様子を観察することができます。

試せるテクノロジー、学べる最先端

もっと身近なテーマとして、私たちが住んでいる街をより快適にする技術が紹介されているのが「ぴったりコミュニティー」のコーナーです。ここでは暮らしの中のエコについて遊びながら発見でき、例えば人と地球にやさしい交通・輸送として電気で走る『ぴったりトラム』を運転するシミュレーションゲームを楽しむことができます。

2階でも、多様なエネルギーについて知り、最適な組み合わせを考える「環境・エネルギーゾーン」、ものづくりの原点を探る「技術探検ゾーン」、ヘリコプターの操縦体験と未来の月面資源採掘船に乗ってミッションをこなす体験ができる「トライアルスクエア」などなど、充実のコーナーが所狭しと展開されています。

ヘリコプター操縦体験(スカイウォークアドベンチャー)では二人一組で横浜の上空を遊覧飛行する気分が味わえます(乗り物に弱い方は注意が必要なほどのリアルさ!)。私も操縦に挑戦し、なんと見事着陸に成功しました!

これら常設の展示のほかにも、毎週のようにさまざまな理科実験が開催されているそうですので、ウェブサイトで確認の上、お出かけになってみてはいかがでしょう。お子様とご一緒に最先端科学に触れるのはもちろん、大人だけでも楽しめますよ。

「環境・エネルギー」コーナー。エネルギーの多様性を探り、エネルギーの組み合わせを考えよう!
「環境・エネルギー」コーナー。エネルギーの多様性を探り、エネルギーの組み合わせを考えよう!

ミュージアムショップでは宇宙食や実験キット、みなとみらい技術館のイメージキャラクター『テクノくん』のグッズなど、品揃えが豊富です。

『三菱みなとみらい技術館』訪問で、改めて三菱重工の技術力を知り、幅広い分野で挑戦をし続け、未来に向けて夢のあるプロジェクトを推進していることを肌で感じることが出来ました。事前アンケートでは、技術館の存在は知っているし行ってみたいと思っている方は多くいらっしゃるものの、実際にどんな体験展示があるかをご存知の方はまだ少数だった様子。ぜひ実際に訪れて、最先端の世界を体験してみてください!

横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号三菱重工横浜ビル

お問い合わせ先:電話番号 045-200-7351 FAX番号 045-200-9902
開館時間:10時~17時まで(但し、入館は16時30分まで)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日
入館料:大人 500円、中・高校生 300円、小学生 200円、団体(20名以上)は各100円引き
65才以上の方、障害者の方とお付添いの方は無料
小・中・高・高専・大学生の校外学習は3日前までの予約で無料