三菱人物伝

三菱の誕生から多角化、戦後の分社化を経て、現在の姿に至るまでをご紹介します。
創業者岩崎彌太郎に始まる四代社長、そして三菱の礎を築いた人々の物語です。

岩崎彌太郎(1835〜1885年)

岩崎彌太郎(1835〜1885年)

下級武士の若者は、いかにして「三菱の原点」となったのか。
腕白だった幼少期。役人との衝突。やがて24歳で藩に取り立てられた彌太郎は…

岩崎彌之助(1851〜1908年)

岩崎彌之助(1851〜1908年)

創業者の後を継いだ16歳違いの弟は九十九商会発足から15年、三菱の舵を「海から陸へ」大きく切った…

岩崎久彌(1865〜1955年)

岩崎久彌(1865〜1955年)

22年にわたって三菱を率い「日本最強の企業集団」へと導いた男。
その鮮やかな引き際、そして後半生とは…

岩崎小彌太(1879〜1945年)

岩崎小彌太(1879〜1945年)

終戦後GHQが求めた三菱本社の自発的解体。
「国家社会への奉仕」を経営理念としてきた信念の経営者は、その時…

三菱の人ゆかりの人

トマス・グラバー

石川七財

川田小一郎

ウォルシュ兄弟

荘田平五郎

豊川良平

近藤廉平

ジョサイア・コンドル

加藤高明

中村春二

岩崎俊彌

幣原喜重郎

諸橋轍次

山本喜誉司

澤田美喜