このページの本文へジャンプ

三菱グループのポータルサイトです。
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

三菱人物伝

朗読を聞く

青あるいは朱、白あるいは玄。 vol.01 トマス・グラバー (上)青あるいは朱、白あるいは玄。vol.01 トマス・グラバー (上)

若き日のグラバーと当時の長崎。

若き日のグラバーと当時の長崎。

「長崎のグラバー邸はかつて三菱重工業のものだった」と言うと「へえ〜」と反応する人は三菱の関係者にも多いと思う。長崎湾を見下ろす南山手の丘の上。文久3年(1863)に建てられた。プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の舞台に擬(ぎ)せられている。ただしグラバーはピンカートンのように愛妻ツルを裏切っていないしツルは自害などしていない。ちなみに、初演から今年で100年目の由。

グラバー邸は幕末には武器弾薬などきな臭い取引の舞台となったが、明治維新後は普通の外国人の別荘。昭和14年(1939)に三菱重工業がグラバーの子孫から購入した。戦後の昭和32年(1957)、造船所が長崎鎔鉄所として発足してから100年を迎えた記念に長崎市に寄贈された。

トマス・グラバーはスコットランドの生まれ。安政6年(1859)、開港後1年の長崎に、香港を拠点にする英国のジャージン・マセソン商会の代理人として着任した。21歳だった。

ほどなくグラバー商会を設立、幕末の激動の中でオールトやウォルシュ、シキュート、クニフレルなど米欧の貿易商人たちと競合しながら、西南雄藩(ゆうはん)に艦船・武器・弾薬の類を売り込んだ。1860年代半ばには長崎における外国商館の最大手になっていた。

グラバーには長期的な視野からの活動も多い。長州藩の伊藤博文や井上馨らの英国への密留学を支援したほか、薩摩藩の五代友厚(ごだいともあつ)や寺島宗則(てらしまむねのり)、森有礼(もりありのり)らの秘密裏の訪欧にも協力、結果として日本の近代化に大きな役割を果たしている。

明治維新で倒産

慶応3年(1867)には岩崎彌太郎が土佐藩の開成館長崎出張所に赴任してきた。早速、彌太郎をグラバー邸に招き商談に取りかかる。坂本竜馬や後藤象二郎も出入りしていた。

グラバーは貿易にとどまらず事業にも乗り出した。慶応4年、肥前(ひぜん)藩から経営を委託された高島炭坑にイギリスの最新の採炭機械を導入し、本格的な採掘を開始した。

また、ほぼ同時期、グラバー邸から1キロほど南の小菅に薩摩藩と共同で日本初の洋式ドックを建設した。いわゆるそろばんドック(注)で、設備はすべてイギリスから輸入した。

そういうグラバーだったが「日本国内の政局の流動化を背景に…取引の重心をしだいに投機的かつ短期的性格の強い艦船や武器の取引にうつし… 」(杉山伸也『明治維新とイギリス商人』)一攫千金をねらうようになっていった。

ところが皮肉にも、グラバーが肩入れした西南雄藩は怒涛の勢い討幕の兵を進め鳥羽伏見の戦いで一気に勝敗を決してしまう。グラバーの思惑はずれて大規模内戦なし。グラバー商会は見越(みこし)で仕入れた大量の武器や艦船を抱え込む。おまけに時代変革の混乱の中で雄藩への掛売りの回収は滞り、明治3年(1870)、資金繰りに窮して倒産するはめに。

バブルがはじけてグラバーは、失意のままに故郷のスコットランドに帰ったかというと、そうではない。日本にとどまり、国際ビジネスの豊富な経験と多彩な人脈を活かし、事業主ではなくビジネスマンとして死ぬまで活躍した。まさしく19世紀の冒険商人。ロマンあふれる人生だった。

注)修繕船をレールに乗せて引き上げるシステム。

文・三菱史料館 成田 誠一

三菱広報委員会発行「マンスリーみつびし」2004年5月号掲載。本文中の名称等は掲載当時のもの。

vol.01 トマス・グラバー (上)vol.02 トマス・グラバー (下)

三菱人物伝トップページへ戻る